« 2013年7月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年11月

2013年11月25日 (月)

高さの問題

先日のライブ、みていただいたかたありがとうございました!寒さで身体が芯まで冷えてしまっていて腕が怠くてギター演奏に支障をきたすへっぽこぶりで情けなかったです。言い訳です。でも防寒対策は大切だなあと思いました。高円寺Reefのカレーはとても美味しかった。グリーンカレーを食べたのですが、次はもうひとつのほうを食べようと企んでおります。高円寺Reef次は1月7日に出演予定です。どうかよろしくお願いします。
さて、高さの問題。演奏するときはいつも椅子に座りギターを弾きながら歌っておるのですが、お店によって椅子の高さが違う。なのでなかなかギターをうまいこと構えることができずに苦労しております。普段家ではベッドの上で胡座をかいて弾いておるのですが、だったら椅子を使わずに床に胡座でもって演奏すればよいではないかと思うのですが、なんというかそういうのは演出っぽくみえるかなあと敬遠してしまっておりまして、一体私は何がしたいのだろうかと。そして今更のようにこのような高さの問題を考えているのはどれだけ鈍感なんだろうと叱りつけております。自分を。で、考えついたのが、足台。クラシックギター演奏に使われるやつですね。あいつでもってなんとかならないかと購入を検討しておるところです。これで解決となればよいのですが。
CDラジカセの故障がボディブロウのように効いてきまして、聴けないストレスは結構ありまして、片っ端から携帯電話に入れてイヤホンでもって聴いております。いまもこれを書きながらエイフェックスツインを聴いております。あとレコードを頻繁にかけるようになりました。レコード音がいいです。これからはレコード中心に購入していこうと思います。やはり物理的にこすれ合ってる音はよいのだなあとあらためて感じました。ひっくり返すのが面倒ですけどね。ジャケットがでかいのはいいですね。ただし場所をとるし重たい。いつかは擦り切れてだめになる。

ノートに鉛筆で書く日記とストレッチと腕立て伏せを日課にすべく邁進。腕立て伏せだけさぼっている。いけないことである。

2013年11月17日 (日)

いつかの真夜中

目が覚めたので煙草でもすおうと電気ストーブをつけて台所。低くうなる冷蔵庫。金魚のブクブク。電気ストーブも鳴っている。椅子に腰掛ける。煙草を巻いて火をつけてぼんやりしていると、扉が開けたままの風呂場からとても綺麗な音がする。おそらくは家電から出ている音の倍音成分だけが風呂場で抽出されて鳴っているのだろう。とても高くてすこし揺れている微音。マイクロフォンでの収音は無理であろう。うちの設備では。そして真夜中の沈黙だからこそ聴こえる音なのだろう。デレク・ベイリーがギターのハーモニクスと自分の声でもって綺麗な倍音を出していたのを思い出す。冷蔵庫の調子が変わる。その音は消えてしまった。自分はまだまだだなと思いました。一回性を感じました。無常感もありました。はりかえたばかりの弦がすぐに死んでしまうような。ライブで演奏することのよさというのはそこらへんにあるのかななどと思ったりしたり。

と、いうわけでしつこいくらいなライブ告知
11月19日高円寺Reefにてライブします。

ハルミ / 稲葉里美 / 竹村雄哉 /
阿部浩二 / ピラコ

僕は19:30からです。
よろしくお願いします。

2013年11月15日 (金)

平等に漂う注意力

11月19日高円寺Reefにてライブします。

ハルミ / 稲葉里美 / 竹村雄哉 /
阿部浩二 / ピラコ

僕は19:30からです。
よろしくお願いします。

10月1日に高円寺Reef、11月8日に神保町試聴室にてライブをしました。この調子でコンスタントにライブができたらよいなあと考えている今日この頃であります。体調もなんとかだましだまし、根気よく発電機のモーターの紐をひっぱるみたいにやっていけたらと思います。夏の終わりくらいから、福間健二さんの詩のワークショップに参加することになり、詩作を始めました。歌詞とは違う文字だけを使う表現でもってどのようなことが立ち現れてくるのかとても興奮しましたよ。その興奮は持続していて、ノートに鉛筆でもって書き付ける日々です。

用語だけ並べるとユング好きなだけなのでは?と思われてしまいますが(好きです)ここ最近でシンクロニシティが立て続けにありまして、自分でもびっくりしました。それも集合無意識に関する事がどんどん繋がってきて、自分にかなり影響をあたえています。人の前でギターを弾き歌うこととはいかなる事なのか考え方がすこし整理された気がします。また変わるかもしれないけれどもな。考え方なんて。固定されたものは一見安心だけれども、実は不安です。視点がどうとかの議論も不毛であって、視点が無限個あったとしても、その外側に行かないことには現れてこない何かがあると思うしですね。ぐわんぐわんに揺れながらやっていこうと思います。体調悪いと、というかこの10年くらいろくに集中して本が読めなかったのですが、ここ最近読める!読めるぞ!と楽しく読書しております。もともと本が好きなので嬉しいです。お酒を飲みながら話をしていたのですが、ビジネス書であるとか自己啓発書であるとかを、あまり読んだことがないので断言はできませんが、文学を読んだほうがコミュニケーションであるとかなんというか、人間の感情であったり欲望であったり美しいところとかきったないところとかのキビみたいなものがわかるようなそんな気がするね、と。こういう時はこうすれば解決!みたいなものなどなく、成功の秘訣!なんてものもなく、その人がどう行動するかはその人自身にかかっていると思いますよ。ほんとに。僕は成功どころか何もしていないに等しいのであれなのですが、そう思います。あとは飲酒していた関係で気持ちが大きくなってたんですね。きっと。でも同じ本を買うなら小説などを選びます。漫画も好きですが、今はあまり読んでなくて、松本大洋くらいです。読んでいるのは。面白いものがたくさんあるのだろうなあとは思うのだけれども、購入しないと集中して読めないという悪癖がありまして財政状況を鑑みる、更には住宅事情、そう、収納を考えると無理だなと。すでにCDなどが溢れているので。でも1000枚くらいは売りました。猛毒のベスト盤が3900円というとんでもない高値で売れました。そして現在CDラジカセが故障しておりまして、スピッツのハチミツが閉じ込められてます。聴くことはできるので毎日ハチミツ。日々ハチミツです。そんな日常。ライブ、よかったらみにきてください!

« 2013年7月 | トップページ | 2014年3月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック