« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

歩きました

夕方から夜にかけて、一人でとぼとぼと。雪駄を履いて。ウォーキングではなくて、あくまでも散歩であるので、焦らずゆっくりといくように努力しました。なんか歩く目的で外出すると、この足を止めてはならない、みたいな気持ちになってしまって全然楽しくないので、時々立ち止まったりしてみたり、余裕を誰かに見せつけている感じで、歩く。割と近所で引越しを繰り返しているので、街の移り変わりがよくわかります。ほんとうに静かでのんびりした街なので、気に入っております。

昼間はインターネット。飽きもせず健康情報をみまくる。トリプトファン、ビオチン、セロトニン、だとか、この食べ物はよくて、この食べ物はわるくて、とか、情報が入り乱れていて、でもなんとか自分の方向性みたいなものを見つけ出して、でも気になって見続ける。やばいぞ此れは中毒を起こしているぞ。インターネット中毒を。健康中毒を。ハッとして強制終了。健康になりたいあまりに中毒を起こすなんて、本末転倒であって、それこそストレスフルであるし、適当に付き合うことにしました。中毒は冗談ですが、ほんとうに中毒になると自分ではやめることができなくなるといいます。依存性の高い物質、酒、煙草、薬物、など代表的ですが、自分の意思でやめられているならば依存症ではないわけで、やれ意思が弱いだの、自堕落だの言えないわけです。とりあえず病院に引っ張っていって抜いてもらうしかない。身近な酒ですが、一度依存症になると、一生酒から離れて生きていかなくてはならなくなり、もし少量でもアルコールを摂取したならばフラッシュバックしてしまって逆戻りです。ミリンとかもだめです。とても恐ろしいことなので、酒とは上手く付き合っていきたいなと考えます。

ほどほどがよいのかなと、当たり前のことを書きますが、昨日ラーメン屋さんで食べ過ぎてとても不快であったので、生活習慣として、食事は腹八分、運動、入浴、睡眠ですね。ジョギングが好きなのですが、精神状態によりできたりできなかったりするので、もう散歩!ストレスをなるべくかけずにストレス解消。これかなと。

2014年5月30日 (金)

ビール飲みました

一番搾りが好きですね。商店街へ買い出しに行きました。まずはラーメンを食べる。買い出しのまえの腹ごしらえ。替え玉は余計でありました。クールバスクリン、ノート、バナナ、ビール、ハッカ油、などを買いまして帰宅。酒宴。コーヒーを買い忘れたので、妻が買いに行く。しかしあれですね、お酒っててきめんに浮腫みますね。浮腫み初心者なので知らなかった。今後は飲みながら、蹲踞、シンキャク、ストレッチなどをはさみたいと考えます。

散歩をしようかなと。家にいても燻ってばかりでどうも健全でない気がしてきて、又、明らかに運動不足であるし、せっかく減量に成功してきているから、此れを維持、更なる減量を目指して。車通りの少ない道を選んでぼんやり歩き回りたいなあと。

加齢しますと、筋肉が落ちていくのが如実にわかりますね。やばいなと。演奏に差し障るなあと。そこだけは死守いたします。ここに誓います。

2014年5月29日 (木)

きましたよきましたよ

頭が忙しいです。これは多分、あがりすぎている状態です。明日は出掛けようとしておるので、しっかりと入浴、後にちゃんと寝ること。身体は重だるいのですがまったく眠れない。頭回転中であります。

自分だけが大変。などということは無く、誰もが皆、何かを抱えて生活をしている。そう思います。なので他人の生活にあれこれ言う気はありませんし、又、言われたくもない。あと、言い方ってものがあるでしょう。自分の普通とあんたの普通とは違うのだよ。だから、違うというところをスタートラインにして、溝を埋めていく作業をしましょうよ。

何でもかんでも手前基準で物事を判断してしまうのはとてもいけないことです。相手の気持ちになって、と書くとありきたりですが、想像力の問題であると思います。例をあげるまでもなく、皆それぞれ事情があるものです。

今日はインターネットばかりしていたのですが、七尾旅人と小林幸子の対談、細野晴臣のインタビュー、あとはスピリチュアルがかった医療の話など、楽しかったです。たまにはいいですね、インターネット。このブログもインターネットであるわけですが、いつも携帯電話から書いておりまして、このページしか見ないもので、インターネットをやっているという感覚が薄いです。Twitterも同様。直接会う、電話する、FAXを送る、メールを送る、手紙を書く、これ全て通信手段でありまして、インターネットで何か発言する事と、直接会うことには、何も変わりはなく、礼節をもって臨まなければならないと考えます。

匿名で言いたい放題言って許されると思いません。別に実名をだすべきだと言っているわけではなく、そう、礼儀の問題です。

お前ら必死だなwみたいなものには殺意をおぼえますし、必死でやっているであろう人をたかいところからみて嘲笑している態度には虫唾が走る。

必死でないとやっておれない時はあるし、其れを笑いたい奴は笑えばいいと自分自身は強気に言いますが。実際、いまかなりきてます。

2014年5月27日 (火)

どう使うのか

お金がありません。パンと玉子を購入できたので、それで繋ぎつつ、CDを売りにいってお金を得ようと思います。どう使うのか以前に、無い。

僅かなお金で生活をしていかなくてはならない現在、自然と何処にどう使うのかに関心が向くわけです。月に一度、地元の居酒屋へ飲みに行くのが贅沢でして、それをいつもとてもたのしみにしております。チェーン店などには行きません。服はお金を貯めて、これ、といったものを買います。古着屋さんも利用します。安いからといってユニクロなどでは買いません。最近はご無沙汰していますが、アメ横にある中田商店も好きです。所謂軍もの屋さんなのですが、別に軍隊に関心があるとかではなく、とても実用的且つ丈夫に作られている服が多いのでよいです。パンクとかハードコアをきどるのもよし。秋頃にセーターとコートをさがしに中田商店へ行きます。

大企業が展開しているような大規模なものには、放っておいてもお金が落ちると思うので、自分としてはなるべく使いたいなと思わせてくれるところにお金を使いたい。なるべく。

リチウムさよならから1日。風呂でのぼせました。関連は不明。久しぶりにちゃんとチューニングしてギターを弾きました。ばりーんといい音が出ましたよ。よしよし。明日お金を得られたならば、米、納豆、そしてタカラ缶チューハイレモン味を買うのだ。缶チューハイ142円だよ。本物の焼酎使っててこの値段はお値打ちですね。美味しいし。あと、魚の缶詰買おう。

2014年5月26日 (月)

かかってこい

病院へ行きまして、リチウムをなくす方向になりました!かかってこい!離脱症状!

帰宅して、缶チューハイを飲みながら、僕のうたが必要なんだ。と、言ってくれた人のことを思い号泣。ほんとうにほんとうに嬉しかった。それだけで、生きていけると思った。

直接本人には言えてないけれども、ありがとう。

自分は頑張ります。

2014年5月25日 (日)

金属をのむ

リーマスという薬がメインとなっております。炭酸リチウムです。金属です。これを飲むことによって気分の波を穏やかにするわけですね。しかし。しかしですね、本格的に飲み出した去年のはじめあたりから肌荒れがしてきまして、元々アトピー性皮膚炎があるもので、またそれが出たのだろうと考えて、皮膚科に、漢方の、で1年が経過するのですが、いっこうによくならない!浮腫み、排尿障害、まで出てきてとてもきつい。なので原因はおそらくリチウム!ということに自分でなりまして、明日急患で病院へ行って、やめてもらおうと思います。

アトピー性皮膚炎ならばステロイドではないのか?と思われる方もあるかと思いますが、あれは魔法の薬であり、地獄の入り口です。幼少時代から二十代後半までステロイドで治療する病院にかかっておりましたが、確かに塗るとものすごく効く。しかしすぐにぶり返す。下手すると前よりも悪くなる。そうしてだんだん薬が強くなっていく。ほんとに負の連鎖がはじまるわけです。なのでステロイドはもう使わないことにしました。漢方薬で治す。非ステロイドの塗り薬を補助に。

手がボロボロになってまして、外出するのが恥ずかしい。醜い。背が低い。足が短い。コンプレックスの塊は醜い。でも妻は普通に一緒にいてくれる。僕が手のことを気にして暑いのに長袖で出掛けようとしたら、気にするな、と言ってくれる。感謝しかない。

肌にトラブルを抱えている人は、他の人が考えている以上にその事に敏感だと思います。自分も何度かひどいことを言われてひどく落ち込んだこともあります。みんな、なりたくてそうなっているわけではないので、なんとかならないですかね。

とりあえず、リチウム。さらば!

2014年5月22日 (木)

今後の予定

ようやく眠れまして、今、落ち着いております。

今後の予定。7月6日ポエケットに参加。7月7日高円寺Reefにてライブ。6月はまだなにもありません。ものすごく体調が悪く、死にたくないので、6月はとにかく休もうかななどとも考えますが、ライブのお誘いあれば、よろしくお願いします。演奏はバッチリできますので、問題ないです。

不眠、浮腫み、排尿障害、便秘、かなりきてますが、漢方薬でかなりよくなってます。便秘については足ツボ刺激がかなり効果ありです。てきめんにきますね。腸がグルグルいいますよ。

自分にはやりたいことがあって、そのためにはもっと生きなければならないし、もっと動けるようにならなければならない。特に不摂生はしていないのですが、健康増進をはかりたいと考えます。

過去の記憶。死んでしまった人のことなどが、頭を駆け巡りますが、なんとか持ちこたえています。ひとつだけ言えることは、神なんていないということです。こんなにも理不尽に冗談みたいに人が死んだりするのに、どうして神がいるなんて思えよう。でも自分はなにかに寄りかかりたいと考えることもあって、では何に寄りかかればいいのだろうかと、なにも思いつきません。音楽に寄りかかっている部分があるのは否定しませんが、何処かで認めたくない。寄りかかれば寄りかかるほどあまくなっていくような気がしてしまいます。もうなんというか何かに縋りたい気持ちです。正直に申し上げて。助けてくれとはいわないが、楽になりたい。

2014年5月20日 (火)

不眠

参っている。とにかく眠れない。身体はぐったりだが、頭はフル回転でして、考えがあとからあとから押し寄せてきて制御不能。で、その考えがひとつもまとまらないのでたちが悪い。結果としてなにもしていない。

ギターの練習もメタメタであって、妻曰く不安な曲しか出てこない。全くもっていかんです。

多幸感という名の、めちゃくちゃに思考の詰まった何もないものに支配されていて何もできない。とりあえず起きている、ご飯を食べる、煙草を吸う。みっしりとした薄らぼんやりで一日が終わり、また一日。

でも、今日はクルマリの作戦会議ができましたよ。うちにある機材をフル稼働させてなにかできないかと話し合いました。ベースのことも。詩の朗読とベースで始めよう。そこからいこう。乞うご期待。

2014年5月18日 (日)

ペインキラー

高校生の自分は、DOLLをパラパラと眺めておりました。すると、元ナパームデスのミックハリスが参加しているペインキラーなるバンドの宣伝がのっているではないか。俄然気になりまして、駅前のCD屋さん、ミントンハウスに買い求めに行きました。買ったのはライブ盤、しかも来日ライブで、同時にSMショウも行われていたそうです。ジャケ写はアラーキーで、これは買いだとレジに向かったところ、そこで店番をしていたのは高校の同級生の女性でして、かなり過激なジャケットでして、恥ずかしかったです。

帰宅。早速かけてみると、サウンドチェックから収録されていて、そこから格好いい。ジョンゾーンのヒステリックなサックスとビルラズヴェルのうねるベースとミックハリスのブラストビートがごちゃまぜになってすごいことが展開されている。途中で、ゲストとして灰野敬二さんがギターで参加するのですが、ジョンゾーンのフラジオの音でギターをチューニングしていて、ひびりました。格好いい。

今現在。それが聴きたくなりまして、我が家を捜索したところ、みつからない。そういえば高校時代の同級生に貸したままであった。ということを思い出す。かえしてくれ。聴きたいんじゃ。

そうやってネイキッドシティやらコブラやらマサダやらにいれこみまして、今があります。ジョンゾーンマサダはジャズとしても本当に格好いいのでオススメであります。

極北とか辺境とか言われますが、それは他人が言っているのであって、本人的にはど真ん中なんであろうなと考えます。自分の現在地点をある程度認識するのも大切ですが、下手に決めてしまわないのもまた大切かなと。

しょうがないのでペインキラーのファースト、処女の内臓だか臓物だかなんだかを聴き直します。

2014年5月17日 (土)

かんぽーかんぽー

新聞屋さんが集金に来まして、数百円足りなくて、そうしたらまけてくれました。ありがとう!おじさん!前歯か二本無いの格好いいぜ!いや、本当に格好いいぜ!未発表ですが、詩にもその事を、前歯の事を書きました。

幾つかの持病がありまして、漢方医にかかっております。人に触られて吃驚する、などの症状も漢方の適応でありまして、東洋医学はとてもすごいです。西洋医学に頼りきっていた身としては驚くことばかりで、インターネットやら書物やらで研究をしているところであります。

で、漢方薬。生薬ではないので、煎じることなく。所謂エキス剤をもらっております。皆さん粉を袋から口へ流し込んで水で飲み下してませんか?それでもよいのですけれども、もっとよい飲み方がありまして、エキス剤をお湯にとかして温かくして飲む。というのがよいです。薬局で教わりました。自分は所謂ハーブであるとか香菜であるとかそのようなものが元々好きでして、漢方薬の味もとても好きです。つまり美味しい。効く。とても良い。

先日のライブ中に、実は過呼吸になりまして、MCなどしてなんとかしたのですが、明らかに体力が足らない。別に意識を失って倒れてもよいのだけれども、ギターを壊してしまわないかどうかが心配。ということで体力作りをしていきます。

好きなギターの音色は、立ち上がりがよくてはっきりしていて、鋭いながらもあたたかい。ロバートジョンソン、マークリボー、デレクベイリーとかが好きです。ニールヤングのエレキギターの音も好きです。ロバートクワインのブチ切れ具合も好きです。つまり、奏法含めて自分の演奏に不満でして、聴きまくり弾きまくり、です。

連綿と続く歴史があり今があるわけで、特異点も含めて、学ぶことは沢山あり、そういうものをガンガン耳に流し込んでいこうと思うわけです。自分だけのオリジナルだ!なんてやっていることなんて、見渡してみれば大抵既に誰かがやっているわけで、なにを選び取って、なにを盗んで、というはなしになってくるような気がしています。

やれることをやれるだけ、でも途方もない爪先立ち、背伸び、ハイジャンプを狙って。

2014年5月14日 (水)

春の歌

ライブ終わりました。高円寺Reefありがとうございました。見に来てくれた、useless chairkicker loves dawn. のマッキーありがとうございました。次は7月7日出演予定であります。

春の歌。スピッツの大好きな曲でして、今日も聴いておりました。そして久しぶりにレコードを聴きました。スイスの宅録のやつで、ジャケットがよくて、しかも豪華ブックレット付き。とても好きなレコードで、繰り返し聴いております。今現在我が家にあるレコードは、殆どがノイズ、ドローン、アバンギャルド、宅録でして、何故かといいますと、中古で安いから。好きだから。探す楽しみがあるから。です。弾き語りをやっているから、そういうレコードを聴いたほうがよいように思うのですが、高い!とにかく高い!軒並高い!なので、中古レコード屋さんの吹き溜まりみたいなコーナーを掘っていくと、自然とその様なレコードが集まっていくわけです。でも、もともとノイズ、インダストリアルなどは好きなので、かつてその様な宅録もやっていたので、問題ありません。とても良いです。

ポップとノイズってとても近いところにあると考えております。クルッとひっくり返るというよりかは、地続きのように感じております。ポップスではありません。あくまでも。なので聴いていると刺激されまして、やる気になりますね。

ライブ翌日は大抵落ち込んで、暗い気持ちになるのですが、今日は違う。なんだか多幸感に包まれていてとても気持ちがいいです。何故なのか。それはわからない。ぶっ壊れたのか。

2014年5月12日 (月)

ライブ告知

5月13日火曜日
高円寺Reef
19時開場19時30分開演

出演
ぼくはレコード / toyoshick / シラフ /
竹村雄哉

竹村雄哉は20時10分からです。
ご予約はありとあらゆる方法で受け付けておりますが、yuuki1tako2ika(at)gmail.comまで連絡いただけたらと思います。新曲やります。

今日も鉄雄を聴きました。もしこのブログを読んでいただいている人の中に10代の人があるならば、是非聴いていただきたい。自分もあの当時の事をおもわず思い出してしまう。

TMNも聴きました。小室哲哉のアレンジは全ての音が平行線で構成されていて、そのまま終わってしまう。入れ子構造などは皆無で、でも何故か聴ける。よくわからないとしか言いようがない。そして暫くは聴きたくない。少し疲れました。

映画のカメラワーク。ある視点があり、其れが動き回る。自分の楽曲は言うならば定点観測みたいなもので動きがない。いけない。確実にみている己が目をできる限り動かしまくって差異を発生させたい。定点とその他。どの様なカメラワークをしているのかを明確にしたい。切り取り方はまたの機会に思い付いたら書こうと思います。

思考があっちこっちに散らばってしまって、一つのことを続けて考え続ける事が苦手です。気もそぞろと思われがちです。でも最近は其れを自覚して、なんとか繋げようとしています。何故飛んでしまったのか、着地点から踏み切りの場所までの繋がりを考えるように心掛けています。癖だと思うのでなおるのかな、と。

漢方薬で体調も回復傾向。このままいってくれ。

2014年5月11日 (日)

一日一本

バナナを食べることにしました。美味しいです。

一昨日あたりから調子が上向いてきまして、やっと、ようやくトンネルを抜けたのかなと恐る恐る経過をみております。病院へついてきてくれた妻に感謝します。

そんなこんなでライブへむけての練習も本腰がはいってきて、近所で工事をしている関係からどのような音声を発しても許される感じになっているので捗ります。

そろそろ上半期も終わるとか区切るの嫌なのですけれども、いま一番聴いているのは鉄雄「Fe」でして、とにかく素晴らしいです。まだ聴いていない方はタワレコなどにも置いてありますので買ってください。形式と内容という問題をよく考えておるのですが、そのようなものぶっ飛びます。存在。存在だなと。そこらへんを目指したいと考えます。

酒を飲んでは悪口ばかり吐いている日々なのですが、まあ許してくれ。皆も同じ位悪口を言っているだろうし、其処彼処で不在裁判は行われているだろうと。自分も悪口を言われるくらいにはなりたいです。存在という点において。

我が家では小室哲哉再評価の嵐が吹き荒れていて、もうなんつうかすごいねということになっています。突き抜けていると。自分はあの人はありきたりな音ばかり使うなと、軽く見ていたのですが、改めて聴いてみると、いい。分析はしていこうと思います。歌謡曲ではないよね、という話しにはなってます、今のところ。

新譜を殆ど買っていないのですが、わずかに買った中では、アクトレスという人がよかったです。音の質感が。音質ではなく。

体調が上向いてきたのでこのままなだれこみます。

5月13日高円寺Reefにてライブ。

2014年5月 7日 (水)

フィンガーピッキング

ギターの練習をしておりましたところ、右手薬指の皮がやぶれてしまって痛い。練習終わり。

フィンガーピッキングでやっております。ストロークの部分もピックは使わずに爪でやっております。理由は声とギターとのバランスを考慮してです。あとは好きな人がそのスタイルでやっていることが多いからです。どんな理由をつけたところで、憧れにはかないません。しかし、冷静に考えねばならないと悩んでいるのですが、今のところこの感じで。PAの人に文句を言われたこともないし。

ピックアップをのせたらどうか?と幾人かに言われたことがありますが、その予定はありません。のせるくらいならエレキギターでやります。マグネティックだろうがピエゾだろうが電気信号に変換したものを卓に送る気はありません。マイクロフォンも電気信号ですが、せめて自分の手から発生させる部分においては、そのままでありたい。で、その振動をマイクロフォンでひろってもらいたい。今のところデカイ会場でやる予定もないしバンドでやる予定もないしそれでいいと思っています。単純にマイクロフォンでの音が好きです。PA設備のない場所でもやりますよ。そのほうがいいかもしれない。ある意味放棄かもしれないのですが、興味ないのですよ。やれなんヘルツだとか。録音は和室の六畳間でやっているのですが、気をつけるのはマイキングとレベル、パンニングくらいで、そこでどうにもならないものはいくら弄ってもどうにもらない。元が駄目なら全て駄目。後で弄ると自分に嘘をついているきもちになるし。

録音、大絶賛停滞中!

5月13日高円寺Reefにてライブ。

2014年5月 5日 (月)

暗鬱

暗鬱であったのか陰鬱であったのか失念しましたが、アネクドテンというバンドのファーストアルバムの邦題であります。大好きな一枚なので探し出して聴こうと思います。切ないプログレが好きな方にオススメいたします。

実際自分は暗鬱であって、主治医から日々の気分を十段階評価でもって記録するようにと言われたのですが、そのようなことをするまでもなくここのところ1か2でありまして。5が普通。それ以上は上がり過ぎという評価の方法です。今日は1。

振り返ってみると、十代から二十代にかけて自分は冷笑的であったなと反省というか悔やむのですが、もしかしたらそれが自分なりの身の守り方であったのではないかなと感じています。シャッター或いはサングラスの話しにも繋がってくるのですが、そうやって防御して日々をやり過ごしていたのではないかと考察できるわけです。この年齢になってようやくその事に気がつきました。遅い。早い。よくわからない。

とうめいロボさんのうたが大好きです。うたのちから。剥き出しのそのものを見ている感じがとてもして涙が止まりません。

自分はどこまで表現できているのか。見にきてください。5月13日高円寺Reefにてライブ。

2014年5月 4日 (日)

シャッター、サングラス

現実がフェードインしてくる感覚を覚えている、ということを以前書きました。で、それを日々感じておるのですが、明らかに昔とは違うところを発見してしまいました。シャッター或いはサングラスみたいなものがない。昔は過激な表現などがあると、自然と感受性の開け閉めみたいなものがおこなわれて、被害を最小限、マイルドにすることができた。しかし今、それが全くできない。裸眼で直射日光を見ている気持ちになる。なので暴力描写など、そういうものはなるべく避けるようになりました。シャッター或いはサングラスみたいなものが復活するまでは。

高校生以来読んでいなかった、志賀直哉、城の崎にて、を読む。高校生の自分は馬鹿だったのではないかと張り倒したくなるくらい。とてもよかった。感動した。勢い余って死にたくなった。もしかしたらシャッター或いはサングラスみたいなものが関与しているのかもしれない。年齢的なものがあるのかもしれない。しかし、今日読めてよかった。内容には一切触れません。興味を持たれた方は是非読んでみてください。

5月13日高円寺Reefにてライブ。興味を持たれた方は是非いらしてください。新曲やりますのでね。

2014年5月 2日 (金)

どうしようもなく

自分は日本生まれであり日本国籍でありそもそも男性であり。どうしようもなく所属してしまっているもの。変えられないもの。其処にアイデンティティを感じるような経験もなく、今現在も日本国東京都世田谷区にて生活をしております。

アコースティックギターと歌で表現をしている、というものに所属しているわけですが、其れは自分で選択したものであって、いくらでも変えられる。今のところ変えませんけど。

で、その最初に書いたようなどうしようもなく所属しているものに対して攻撃を加えようとしている輩が一定数存在するのはどうしてなのだろうかと考えてしまうことが最近多いです。

アメリカ政府は嫌いですけれども、アメリカのインディペンデントやサブカルチャーみたいなものには大きな影響を受けておりまして、大好きです。

話しがとっ散らかっておりますが、あの国は、という切り口で何かを語るのはあまりにも雑すぎるように思います。

己のまわりを眺めてみれば、これ様々の人がいるわけで、こと他国の事になると十把一絡げですかと。

自分は、その人、一人一人に用事があります。

ぶらぶらと

銀行にて預金を下ろしたのち新宿へ。まずはkagayaにて煙草を、紀伊國屋で詩集と文庫本、地下へ降りてドナでパスタ。地上へ湧き上がり無印良品を。いいシャツがあったな。ディスクユニオンジャズ館へ。目的のものはみつからず、タワーレコードへ。あった。東急ハンズへ足ツボなど健康によさそうなグッズをみにいく。紀伊國屋南館へ。ユリイカを立ち読み。京王線に乗り下高井戸。自分のCDRを置いてもらうなどお世話になっているリサイクルショップへ。サンディニスタ1800円。CDで持っているのでとりあえず我慢。古本屋などを眺めるなどして時間を潰し、開店直後の居酒屋たつみ。しじみのあかだし、が絶品。帰宅。缶チューハイで話しがはずむ。足ツボを刺激しまくって、今。横になってます。自分にしては動き回ったほうかなと。

新宿は高校生の頃からレコードを買いに来たり、映画をみにきたりで、なんというか好きな街であります。歩きやすい。路上喫煙禁止の監視員がいたるところにいるのは閉口しますけどね。自分は元から喫煙所以外では吸わないので関係ないのですが、気になってしまいます。でも監視員はそれで稼いでいるわけで、反発もできないし応援もできない。

煙が嫌なのではなくて、喫煙しているひと自体が嫌なのではないかと勘ぐってしまいますよ、

ああ今日も楽器屋さんに行かなかった。弦などの消耗品時間を買わないのだけれども、中古の機材など気になりまくってしまう。

5月13日高円寺Reefにてライブ。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック