« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年8月

2014年8月28日 (木)

スピード

とにかく読書のスピードが遅い。ずっとなんとかしたいと思っています。しかし問題なのは読めているか読めていないかであると考えますので、読めていればそれでよいではないか!そうだ!しかし遅い且つ頭に入らないという事態もよくありまして、困ったものです。質の訓練をしていかないとなあ。

解像度を上げていく。一つの物事に集中して考える。思考がポンポン飛んでいってしまう自分をどうにか制御する。なんというか気もそぞろなんですよ人生全般。しっかりしろ!

十一月に数曲はいったCD-Rをつくります。それに向けて準備をしています。録音技術の向上を。マイクの使い方。パンニング、フェーダーで勝負です。

昨夜は八時間ねむれました。やったね!

2014年8月27日 (水)

腸内環境

小さな頃から胃腸の調子が悪い子供でした。それをなんとも思わずに今迄生きてきました。しかし!二ヶ月くらいまえから、これは改善しなければ!と、やっております。

発酵食品を摂取する。ビオフェルミン。胃腸を休ませる時間をつくる。で、二ヶ月ちょっと。アレルギー症状が改善されてきたように感じます。

腸内環境!大切!いままでのこの年月なにやっていたんだ!自分!

あと、ストレスをためないこと。睡眠!睡眠!

2014年8月26日 (火)

爽快ですか

眠れた!やった!7時間半!どれだけぶりだ?バルビツール!

薬が残ってぼんやりすることもなく、なかなかに爽快。なにか色々できそうな予感。いや、やるんだよ!行動。それこそが。行動。それこそが。

久しぶりに詩を書いて、読書をすこしして。いやしかし涼しいですね。体調回復祈願。もうなんでもいいから健康に近づければいい。なんでもいい、は違う。健康を害さないかたちで、健康に近づければ。あれ?なにかがおかしい。健康のためならば死んでもいい。みたいなものか。それにはなりません。

2014年8月25日 (月)

スナイパー

どこの誰とも知らない、自称スナイパーのおかげで有益な情報がえられてニヤニヤしております。気になる方がおられたら、直接僕まで。

今日は通院日で、渋谷へ。不眠がひどいということを伝えたら、最強クラスのお薬がでました。これで眠れるといいなあ。遊びに使おうなんて1mmも思わない。薬局で薬を受け取り、お買い物。カルディの胡桃は美味しいし沢山入っていてお得なのですが、まさかの売り切れ。西友で鯖の缶詰とミックスナッツ。マツキヨでティッシュペーパー。と、ここまではよかった。あとは世田谷線沿いに歩いてマイバスケットでブレンディを買って帰宅するだけなのだけれども、足が重くて力が入らない。現実がフェイドアウトしていく感覚。負けてなるものかと、ベッドサイドヨシノ、くるり、スピッツを絶唱しながら歩く歩く歩く。涙が出そうだー!でも泣きなくねー!ぶっ倒れそうだー!でも負けたくねー!それと同時に自力整体のDVDが再生されて、脱力、脱力。とも。なんだこの日々のサバイバル感覚。帰宅してからは余裕でしたけどね。外出するとてきめんに疲れます。慣れないといけないなあ。

今夜は眠れる。きっと眠れる。

2014年8月22日 (金)

ノーペインノーゲインなのか

むかしから精神論根性論みたいなものが嫌いでして、気合いがあればなんとかなるなんて全然思いません。歯を食いしばる。努力する。みたいなものは、どこかでそれは嫌なのでしょ?やりたくないのでしょ?と思ってしまう。

そもそも努力という言葉がしっくりこなくて、たとえ苦しくてもそれが自分の好きなことならば、それは努力とは呼ばないのではないでしょうか。

空手の試合でも、演奏でも当てはまるのですが、調子の良いときには身体のことを考えていない。入るべき場所にだけ力があり、あとはリラックスしている。

問題なのは調子が悪いとき。そんなときにどうすればよいのか。まだ答えはないのですが、日頃の習慣にヒントがあるのかなと思います。

どうしても調子の波はあるわけで、その波の振幅を無くす作業ではなくて、最低ラインを上げていく。振幅ごと上へもっていく方がよいような気がしています。

精神論根性論は嫌いですが、好きなことをするために鍛錬をすることは苦痛ではない。期待している。

2014年8月21日 (木)

映画

幼少の頃は東映まんが祭りをたのしみにしておりました。初めて映画館でみた洋画はグーニーズでした。たしか小学三年生。とても面白くて、買ってもらったパンフレットをボロボロになるまで読みました。高学年になると親からある程度の夜更かしが許可されまして、テレビ放映の映画を欠かさずみるようになりました。月曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日。火曜日はあったかなあ。中学生でアルバイトを始めまして、稼いだお金でビデオデッキを買いました。既に一台家にはあったのですが、そう、ダビング!近所のレンタルビデオ屋さんから借りてきてはダビングする。あと、衛星放送がはじまって、衛生映画劇場というのがありまして、それもみてました。高校生になると、月に一度くらいは東京に遊びにいっていたのでレコードを買ったり、映画館にもよくいきました。シネマアルゴ新宿が妙に印象に残っています。部活動は吹奏楽を頑張っていたのですが、映画研究部にもせきをおいておりまして、8ミリで映画を撮影しておりました。先輩にYOUR SONG IS GOODの白石さんがおりました。そんなんで高校三年生の文化祭で映画を上映していたのですが、まあ人がこない。理由は明白で、同時上映で動物実験反対の啓蒙活動のビデオをながしていたから。僕はそちらには参加していなかったのですが。

動物実験の問題は、まあ考えなくてはいけない。しかし僕らが制作した映画は基本的に学園ドラマで、合間に飯の早食いやらエレクトーンの破壊やらを挟み込んだわけのわからない、つまりは若気の至りの極みみたいなものだったと記憶しております。あのフィルムは誰がもっているのだろうか。

先日ユーロスペースにて「シュトルム・ウント・ドランクッ」をみました。よかったです。失速していない感じ。

上映後のトークショーにて質問コーナーがありまして、私質問いたしました。大正時代の場面であるけれども、現代の自動車の音などが入り込んでいる。その意図は?と。恐らくは撮影時に自然に拾われた音なのだとわかりましたし、そもそも時間軸とかそのようなものはあまり関係のない映画だとは了解して質問しており、更には他の部分で特徴的な音響効果をねらっていると感じられるところがあったので、不思議に思い質問いたしました。でもね、愚問だったと後悔しております。監督としては映画本編が全てなのであり、質問すること自体がなにか違うなと。一緒にみにいった妻にも言われました。トークショーはオマケだよと。ほんとそうだと思います。映画本編で語り尽くせなかったことを補完するなんてあり得ないし馬鹿馬鹿しい。自分に置き換えれば、歌った後に言い訳するみたいなものですよ。

僕には映画はできないだろうし、やりたくもないなあと思いましたとさ。何故なら統率力みたいなものがないと思うので。一人でやるというのは孤独だけれども楽なんだと思います。

2014年8月19日 (火)

よわっているころ

いまもまだ、よわっているのですが、回復傾向。本屋さんへいくたびに、自己啓発やらスピリチュアルやらを読み漁っている時期がありました。ポジティブシンキングとか引き寄せの法則だとか、いかれてました。ネガティブは邪魔くさいけれども確実にあるもので、そこに蓋をしてしまったならば、それらが澱のようにつもっていってドカーンですよ。願えば叶うならば、理不尽に死んでいく人々は願いが足らない?ポジもネガもぜんぶまとめてもっていって歩いたり走ったり立ち止まったりぶっ倒れたりするしかないでしょう。陰陽の考え方がしっくりきます。

しかし、よわっているとなんでもネガティブに捉えてしまうのはありまして、アイドル歌手が歌い踊るさまをテレビで見て号泣したりもしました。いろんな妄想めいた、そんなものが頭を駆け巡るのですよね。そうなると。

でも、訓練だなと。とりあえずスクワットを一回やってみよう。とか、一文字書いてみようから始めました。ミントを育てているのですが、自分がミントになった気持ちで。なんか萎れているけれども水やりの具合が悪いのか、土の栄養がまずいのか。日当たりの具合とか。そうやって自分をチューニングしていく。これを意識的にやらないと死んでしまう。自分に殺される。明るいところ、照らされているところだけ見るのは簡単で、暗黒部に斬り込んでいく。そういう毎日。今日はとても調子が良くていろいろできましたが、油断しないようにしないとなあ。バランス。

2014年8月17日 (日)

怒りで構成されている

モンポウを聴きながらビールを飲むという優雅な午後を送っていました。今は洗濯機回してツボを刺激しながらこれを書いています。

体組織が計れるならば、自分の精神のありようを測定できるものがあれば便利なのになあとぼんやり。食欲性欲睡眠欲。自己顕示欲承認欲求。特に後ろの二つがなければ人前で何かをしようとは思わないわけで、別に隠す気もありませんが、出し方の問題。

喜怒哀楽ではかるならば、怒りがもっとも大きいと自覚しており、ある意味原動力になっていると感じます。だからって、コラーッ!とか畜生!とか言う気はなくて、出し方の問題。出し方というか出方。そのようにはでてこない。ある意味たすかっています。感情を溜め込みすぎるとどこかで爆発してしまう。なんというか全然関係のないところで現れてくることもある。数年前にありました秋葉原の事件の犯人を、他人事だとはとてもではないけれど思えない。みんな紙一重のところでやっている。

太っている人が歩いていたとする。するとすぐに、食べ過ぎだ。とか、不摂生だとか簡単に断定してしまう自分がいたりする。差別ですよね。きったねえ感情だと思います。でも口に出さないし、態度にも出さないし、気をつけている。あとは考えてみる。もしかしたらそのひとは病気で服薬せねばならず、その副作用で体重増加しているのかもしれない。食事することに問題がある、摂食障害なのかもしれない。はたまた単純に食べることが大好きで、体型を気にしない人なのかもしれない。小学校で教わりました。相手の気持ちになって考えましょう。人それぞれ事情がある。手前のものさしだけですべてがはかれるわけがない。想像力の問題。それができない馬鹿はどっか行って欲しい。という怒り。腑煮え繰り返る怒り。自分は音楽をその捌け口にしている、してしまっている部分があることを否定しません。人殺しよりかは音楽のほうがいくらかマシなきがします。ここ最近、社会へ出て行こうという気持ちがあるので、慎重にいきたいです。別に僕はやばいとか恐いとかそのようなアッピールではないことは、実際に会っていただければわかるのではないでしょうか。まだ先ですが10月1日高円寺Reefでライブします。新曲やれそうです。よろしかったらみにきてください。

日本国憲法第二十五条

もしもこの仮説が正しいのであれば、人は1度体験したものを忘れない。しかしそれらにいつでも全てアクセス可能な状態であるとオーバーヒートしてしまうので、しかるべき場所へ格納されている。ならばドンドン放り込んでしまおうと、単純な僕は思ってしまったわけです。体調の関係で、集中力が途切れがちで、困ったものなのですが、坂口恭平著、「独立国家のつくりかた」再読。とても面白いです。自閉的になりがちな自分を、人々のなかへ引っ張り出してくれる一冊です。オピエイト、レディオヘッド、ピロレーター、CHARAを聴きました。

昨日、体組織計を購入しました!自分の体重の半分は筋肉であることが判明いたしました。増やすぜ筋肉量。脳内麻薬だしまくるぜ。実感として、運動するとやる気でますね。曲を書くにしろ文字を書くにしろ本を読むにしろ、これ全て身体を使っているわけで、もうなんというかアスリートになった気分です。ポアロみたいなものが今までは格好良いと思っていましたが、完全に変わりましたね。身体を甘く見てましたね。暑いので、水分補給塩分補給栄養補給睡眠など気をつけましょう。随分長いこと不眠に悩まされておるのですが、ツボ!その名も、安眠!というツボ。及び百会などを刺激してから横になるようにしました。チョットいい感じ。ノンストップで八時間くらいぐっすり眠りたい。

2014年8月 6日 (水)

彩度

複雑な感情刺激が苦手であり、単純化することによって防御している。という実感がようやくでてきました。わかりました。彩度の低い色が好きであるし、色数が多いものは苦手であるし。色にたとえるならば。しかし、音楽表現に関しては、そこらへんのところをなんとかしようという気持ちが芽生えまして、訓練していこうと思いました。自分の音楽はモノトーンにたとえられることが多く、嬉しいのですが、もっと色を足していけたらよりよくなるのではないかという試み。それをやっていきます。周りに人がいるから自分というものが存在していることがわかる。ようやく気づきました。穏やかな生活を送りたい。しかし、音楽に関してはひろがっていきたい。そう考えるようになりました。知っている、ということと、実感する、ということにはかなりの深い溝があると思いました。先日のライブにおいては、身体感覚を離れたり取り戻したりで、どちらがよいのやらわからなくなりました。これについては慎重に向き合います。今日ギターを弾いたら綺麗な音がでました。コーンと鳴りました。練習練習。

2014年8月 2日 (土)

ライブ告知

8月4日高円寺Reefにて
w/ISHI/MANATO

竹村雄哉は19時半からうたいます。

さて、運動。主に筋トレをやっておるのですが、全身をバランスよく鍛えなくてはならないと考えていると、種目が増えていく。基本的にズボラである僕は、習慣的に沢山のことをすることができない。で、辿り着いたのが、ヒンディープッシュアップ。所謂レスラー腕立て伏せです。これは上半身を全て使うのでとてもよろしい。下半身はスクワット二種目。計三種目。楽である。気が向いたら徒歩五分にある公園で鉄棒をします。懸垂の練習です。目標はマッスルアップができるようになることです。マッスルアップで検索をかけてみると、どのようなものかわかるかと思います。憧れてます。健康に憧れてます。

ライブでは、新曲をやりますのでみに来てください。今日はなんだか気分がよいです。ドライフルーツの無花果が美味しいです。

2014年8月 1日 (金)

健康

健康になることに興味がありまして、今現在あまり健康ではないのでなんとかしたいと考えます。ここ最近で大幅に変わったのは食生活でして、かなり気をつけております。食べ過ぎ飲み過ぎはしないこと。スーパーなどで食品表示をみること。なんというか、放っておくと勝手に肉は色々な食べ物に入っていて、なんとなく食べていたのですが、近頃肉に対する食欲があまりわかなくなりました。ベジタリアン、ビーガンなどになる気は毛頭ありませんが、食べたい!と思った時に美味しいものを食べたいと思いました。お酒は適量。煙草もやります。しかし煙草。嫌煙キャンペーンがすっかりうまくいっていてなんだか怖いと思いました。洗脳レベルであると。試しに、タバコ、薬効、などで検索をかけてみることをオススメいたします。悪いところもあるけれども、良いところもあるのですよ。日本はお酒に対しては寛容ですが、立派なハードドラッグですからね。うまくつきあわないと死にます。これは覚醒剤も同じ事で、コントロールが難しい。違法ですしね。覚醒剤のようないわゆる神経刺激剤は、処方箋があればもらえます。でも、またあれですよネガティブキャンペーン。適用の病気がかなり減らされてしまいました。本当に必要な人は沢山いたはずなのに。酒煙草に税をかけるならば、砂糖や脂肪にも其れ相応の税をかければよいのではないか?そんなことも考えます。

話題がそれました。健康。最近ほとんど眠れなくて困っています。気持ち良く眠れたらいいのになあと。快眠を渇望。運動はしています。足から老けるというのでスクワット。確かによわっている。でも今のところ毎日続いているのでこのままいきます。

ねむりたい!

あ、誤解をまねきそうな記述がありました。覚醒剤そのものは薬局にはありません。似ている薬物です。

新宿へ

下高井戸の、とんこつらーめん英にて久しぶりのラーメン。替玉しました。で、新宿へ。kagayaで煙草、詩歌の棚を眺めて、無印良品、マルイの古着屋さんへ。80%割引きのところに45rpmのジーパンがあり購入。1200円。新品だったら三、四万するでしょうこれは。サイズもバッチリでとても嬉しい。タリーズでソイラテを飲んでまた、古着屋さんへ。妻が購入するのを躊躇していた服を、買いなよと購入。そしてまた紀伊國屋。本を購入。タワレコへ。ずっと欲しかったピオレーターのCD購入。あとピアノ弾き語りに電子音が入っているとてもいいやつを試聴して、妻の許可がありましたので購入。とてもいいです。主にベース音と二つの音の和声で構成されたところに歌が入っている。声はポップにもあるとおりに中性的で、サニーデイリアルエステイトを想像していただけると、それに近い感じがします。妻曰く、スクリーミングマスターピースを思い出すと。いわれてみれば、アイスランドのあの雰囲気もある。

購入購入書いてますが、基本的に節約しなければ生活ができないので、今日は特別で、あと帰りにビールも購入しました。ハレです。ハレ。明日からは穏やかに筋トレをして豆乳を飲みます。

さて、8月4日高円寺Reefにてライブします。七時半から僕はやります。物販なども充実させるので、よかったらみにきてください。

夏は好きなほうなのですが、冷房は苦手でありまして、ブルブルしながら電車にゆられる状態。京王線の空調はおだやか。小田急線、激しめ。なんとかならないのか。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック